レーシングドライバーへの第一歩はここから踏み出せ!!

ZAP SPEEDのドライバーオーディションがレースを始める最初のチャレンジだったドライバー達が、たった数年でスーパーフォーミュラやスーパーGTで活躍するドライバーに成長しています。

今年も彼らに続く原石を探します!!

資料請求フォームへ

オーディション合格からレース参戦までの流れを紹介

  • 1.初期講習

    初期講習(午前の座学)

    チーム加入後、初期講習でフォーミュラマシンに関する知識を深めます。午前中は内間監督による座学、午後はジムカーナ場で基本操作やマシンの特性などを掴んでもらいます。

  • 2.サーキットでの練習

    サーキットでの練習

    初期講習が終わったらお好きなサーキットを選択して練習します。専属メカニックやインストラクターが帯同しますので、都度アドバイスが得られます。思う存分に腕を磨いてください。

  • 3.規定タイム

    レース参戦テスト

    入門用練習車、スーパーFJ、FIA-F4と、マシンやクラス毎に各コース二通りの規定タイムを設けております。一つは上級クラスの速いマシンに乗り換える基準として設定したタイムで、二つ目がレース出場レベルに達したかを判断するタイムです。僅か4日の練習でクリアしたドライバーも居ますので、決して高いハードルではありません。

  • 4.レースデビュー

    レースデビュー

    規定タイムをクリアしたらレースデビューです。基本は全国各地で開催されていて最も低コストで出場可能なスーパーFJへの参戦となりますが、能力が有ると判断された場合はFIA-F4、JAF-F4、F3へと飛び級参戦も可能です。

ZAP SPEEDとは?

レース界でフォーミュラカーのレンタルシステムを最初に構築したのが
我々ZAP SPEEDです。製造、販売、レンタル、メンテナンス、ドライビング指導、
マネージメントやフィジカルトレーニングの指導まで、
レースに必要な全てをサポートするレーシングチームです。

どうやって始めれば良いのか一般的には分からないモータースポーツの入り口。 このホームページをご覧になられている皆さんもそうだったのではないでしょうか?ZAP SPEEDはそんなモータースポーツの世界に分かりやすいシステムを設け、誰でもチャレンジできる環境を作りました。最初に取り組んだのはレンタルシステムですが、マシンはチームが用意してレンタルし、購入する数分の1の費用で活動を開始できるようにハードルを下げました。仮にマシン購入資金を貯めるのに3〜4年かかったとしたら、選手としてのピーク年齢が過ぎていたという事にもなりかねないので、画期的なシステムだと自負しております。

なぜオーディションを行うのか?

ハードルを下げた事で全国、果ては海外からレーシングドライバーを目指す方が押し寄せました。しかし、レーシングカー、施設、機材には限りがありますし、メカニックの養成にも数年かかります。そういったキャパシティの問題で希望者全員を受け入れる事が出来ませんでした。

そこで【公平にチャンスを与えて加入の門戸を拡げよう】と始めたのがオーディションです。オーディションで選ばれたドライバー達に運転に関するアドバイスはもちろん、フィジカルトレーニング、マネージメントサポート、各セミナーによる教育と、合格して加入した方の活動をサポートするのがZAP SPEEDのスタイルとなりました。

ZAP SPEEDの実績

発足初年度からタイトルを獲得し、現在(2017年終了現在)までに国土交通大臣賞を2度受賞、42の選手権タイトルを獲得し、36名のチャンピオンを生み出してきました。スーパーフォーミュラやスーパーGTで活躍するトップドライバーも多数輩出しております。 レースは結果が全ての世界。多くのトップドライバーを育成してきた事実こそがクオリティの高さを示しています。

ZAP SPEED出身ドライバー

チーム結成以来、数多くのレーシングドライバーを輩出するZAP SPEED。
今現在も活躍を続ける先輩ドライバーたちは、皆ZAP SPEEDで学んだことを基に、
活動のフィールドを広げています。

00年にFT(フォーミュラ・トヨタ)に参戦。この時の走りが評価されF3スカラシップを受けステップアップ。02年に全日本F3のチャンピオンを獲得した。03年からはフォーミュラニッポンに参戦を開始。08年にはF1のテストにも参加している。10年にスーパーGT500チャンピオンを獲得。現在はスーパーフォーミュラ/スーパーGT500に参戦中。
石浦宏明選手は02年春ドライバーオーディション(ドライバーズオーディション)にてフルサポート合格。03年よりFT(フォーミュラ・トヨタ)に参戦。鈴鹿東のコースレコードを記録。06年には全日本F3にステップアップを果たし、シリーズ最終戦では優勝を飾る。07年にはスーパーFT300クラスのシリーズチャンピオンを獲得。また15年にはスーパーフォーミュラでもシリーズチャンピオンを獲得した。現在はスーパーフォーミュラ/スーパーGT500にて活躍中。
池田大祐選手は01年春ドライバーオーディション(ドライバーズオーディション)にてセミサポートB合格。02年よりFT(フォーミュラ・トヨタ)に参戦。03年には最多勝をマークしF3スカラシップを獲得。04年からは全日本F3にステップアップを果たす。05年、06年には二年連続でマカオGPの出場権を得てZAP SPEEDと共に参戦した。その後スーパGT300クラスにも参戦し、現在はスーパー耐久シリーズで活躍中。
近藤翼選手は07年春オーディションセミサポートA合格09年飛び級で東日本F4に参戦しチャンピオンを獲得。’10、’11年は日産NDDPのサポートでFCJに参戦。’12年にはZAP F109の開発ドライバーを担当。’16年にはPCCJのチャンピオンを獲得し、’17年GAZOO 86/BRZ Raceのプロクラスのチャンピオンに輝いた。現在はS-GT 300クラスやS耐などで活躍中

ドライバーオーディションの参加資格は?

オーディションは普通免許を取得していればOK。(※限定Aライも可)
あとは必要なのは情熱だけ。年齢や性別は関係ありません。

オーディション参加前のよくある7つの質問「まだ免許をもっていないのですが」「女性なんですが」「レース経験はもちろん、サーキットを走ったこともないのですが」「才能があるかどうかわからないのですが」「カートの経験がないのですが」「すごく遠いんです」「もう30歳をすぎているんですが」
オーディション参加前のよくある7つの質問の答えは全てオーディション資料に掲載!
2011年秋期ドライバーオーディションの資料請求締切は9/23(金)まで。また参加申込締切は9/30(金)までか定員40名に達した時点で締め切ります。
資料請求フォームへ
ページのトップへ戻る